広告 1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』 1/200艦船 製作記事

1/200戦艦『アリゾナ』トランぺッターモデル:船体・甲板の基本組立【2020年】

2020年5月25日

  1. HOME >
  2. 製作記事 >
  3. 1/200艦船 >
  4. 1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』 >

1/200戦艦『アリゾナ』トランぺッターモデル:船体・甲板の基本組立【2020年】

2020年5月25日

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、トランペッターモデルの1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』を製作中です。

今回からは、(工程順序の関係でご紹介が後回しになっていた)船体や甲板の製作をご紹介します。

前回はこちら

1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』の船体&甲板などの主要パーツ全景

1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』の船体&甲板などの主要パーツ全景です。

1/200戦艦『アリゾナ』トランぺッターモデル:船体・甲板の基本組立【2020年】
1/200戦艦『アリゾナ』トランぺッターモデル:船体・甲板の基本組立【2020年】

『ペンシルバニア級戦艦』は、『ニューヨーク級』、『ネバダ級』に続いて、アメリカ海軍が3代目に就役させた超弩級戦艦のクラスとなります。

『ビスマルク』と比較すると、多少小ぶりな船体ではありますが、1/200ともなるとかなりのスケール感となり、全長に対して全幅の大きい船体形状はとても迫力があります。

船体は、(この縮尺のキットとしては少々無理のある)上下分割構成となっています。

1/200戦艦『アリゾナ』トランぺッターモデル:船体・甲板の基本組立【2020年】
1/200戦艦『アリゾナ』トランぺッターモデル:船体・甲板の基本組立【2020年】

この画像は船底パーツの艦首付近を写したものですが、パーティングラインが非常に目立つほか、(金型の仕上げの甘さか?)表面には小傷が全面的に入り、修正にはかなりの手間を要しました。

1/200戦艦『アリゾナ』トランぺッターモデル:船体・甲板の基本組立【2020年】
1/200戦艦『アリゾナ』トランぺッターモデル:船体・甲板の基本組立【2020年】

とにもかくにも、製作は、展示台用の穴あけと作業用の台座の取り付けから開始します。

この台座は、ふだんは1/350の大型艦用に使用している物ですが、1/200の戦艦ともなると(船体の全幅を大きく割っており)想像以上に小さく見えてしまいます。

1/200戦艦『アリゾナ』トランぺッターモデル:船体・甲板の基本組立【2020年】
1/200戦艦『アリゾナ』トランぺッターモデル:船体・甲板の基本組立【2020年】

船底パーツの上から見ると、このような具合です。

スタンドにはM5のボルト&ナットを使用しており、強度的には問題はないのですが、これも思った以上に細く見えてしまい、改めて1/200超弩級戦艦の量感を実感させられました。

1/200戦艦『アリゾナ』トランぺッターモデル:船体・甲板の基本組立【2020年】
1/200戦艦『アリゾナ』トランぺッターモデル:船体・甲板の基本組立【2020年】

上下分割の船体は、前後2本ずつ、計4本のボルトで強固に固定することができます。同じトランペッターモデルの大型艦船キットでも、『アドミラル・クズネツォフ』や、『CVN-68 ニミッツ https://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-category-131.html 』のような、接着剤のみでの固定方法よりは幾らか進んだ設計ですが、(長大な船体だけに)中央付近にも2カ所ほど、ネジ止め箇所があれば助かるところです。

接着剤は流し込みタイプのセメントを太めの筆で外側から豪快に

1/200戦艦『アリゾナ』トランぺッターモデル:船体・甲板の基本組立【2020年】
1/200戦艦『アリゾナ』トランぺッターモデル:船体・甲板の基本組立【2020年】

接着剤は、流し込みタイプのセメントを太めの筆で外側から豪快に流し込みました。

固定用のネジを仮止めした状態でセメントを流し、半渇きのタイミングを狙ってネジを締め込めば、溶けたプラ同士を上手く溶着させることができます。

固定用のネジがない船体中央部は、クランプで左右から圧着

1/200戦艦『アリゾナ』トランぺッターモデル:船体・甲板の基本組立【2020年】
1/200戦艦『アリゾナ』トランぺッターモデル:船体・甲板の基本組立【2020年】

固定用のネジがない船体中央部は、クランプで左右から圧着しました。

この状態で、接着剤と溶けたプラを2日ほどかけてきっちりと固着させます。

艦首と艦尾の甲板パーツを接着

1/200戦艦『アリゾナ』トランぺッターモデル:船体・甲板の基本組立【2020年】
1/200戦艦『アリゾナ』トランぺッターモデル:船体・甲板の基本組立【2020年】

その後、艦首と艦尾の甲板パーツを接着し、基本的な組み立ては完了です。

次回は、船体上下の合わせ目の処理をご紹介します。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回、タップしていただけましたら幸いです。
いつもご投票いただき、ありがとうございます。

メディア掲載情報

  • 「渡辺真郎の艦船モデル・マスターDVD&MAGAZINE」モデルアート社より発売中
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo91」に、1/700航空巡洋艦「最上」作例掲載中
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo92」に、1/350作例記事掲載予定 24年5月発売
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo93」に、1/700作例記事掲載予定 24年8月発売
  • オリコンニュースに渡辺真郎のインタビュー記事掲載中 「 プラモデル神作まとめ
  • 過去作品 約400点と製作記満載の旧ブログ「 HIGH-GEARedの模型と趣味の日常 」もぜひご覧ください


CHERRY&ANCHOR おすすめ情報

モデルファクトリーハイギヤード公式webショップ「CHERRY&ANCHOR https://www.cherry-anchor.com/ 」にて、1/700洋上艦船模型用 アクリル作業台&展示台【戦艦、航空母艦用】発売中です!

1/700洋上艦船模型用 アクリル作業台&展示台【戦艦、航空母艦用】

洋上艦船模型の底板に200mm間隔の穴を開けて当商品にビス固定することで、作業時の持ち手とすることができ、完成後は展示台としても使用可能。

また、スモーク色の半透明アクリル板で製作していることから裏側からの視認性も確保しており、塗料の汚れなどもシンナー拭きでかんたんに落とせます。

当台座の使用方法は、モデルアート社から発売の「渡辺真郎の艦船モデル・マスターDVD&MAGAZINE」でも紹介しております。


展示会出展情報

「静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同展示会」

  • 日時:5月11日、12日
  • 開催場所:ツインメッセ静岡
  • 参加ブース:「奈良模型愛好会」「鳶色の会」

常設展示情報

  • 自衛隊奈良地方協力本部(奈良第2地方合同庁舎)玄関ロビーに1/35「陸上自衛隊 74式戦車」展示中
  • ミリタリースケール専門店「ホビーランド」に、1/700戦艦「霧島」展示中
  • 「ジョーシン和歌山店 キッズランド」に、1/700航空戦艦「伊勢」、航空母艦「ワスプ」展示中

累計取引数800作以上、書籍掲載100作以上、受賞歴多数。圧倒的な実績と信頼性。

お問い合わせはこちら

「プラモデルを代わりに作ってほしい」という方はモデルファクトリーハイギヤードにぜひご相談ください。
1000作以上の模型を作ってきた、プラモデル製作・考証のプロが丁寧に対応いたします。

渡辺 真郎まさお

艦船模型製作代行 モデルファクトリーハイギヤード 代表

2001年3月から艦船模型の製作販売をおこなう。模型製作会社への就職を経て独立。2010年にモデルファクトリーハイギヤードを開業。
模型製作代行のほか、模型誌の作例記事・連載企画、考証記事を執筆。
モデルアート社出版『月刊MODEL Art』『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』など。

-1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』, 1/200艦船, 製作記事
-,