広告 1/700艦船 1/700駆逐艦「DDG-51 アーレイ・バーク」 製作記事

1/700駆逐艦「DDG-51 アーレイ・バーク」その7 手摺り&張り線など

  1. HOME >
  2. 製作記事 >
  3. 1/700艦船 >
  4. 1/700駆逐艦「DDG-51 アーレイ・バーク」 >

1/700駆逐艦「DDG-51 アーレイ・バーク」その7 手摺り&張り線など

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、1/700駆逐艦「DDG-51 アーレイ・バーク」を製作中です。

1/700駆逐艦「DDG-51 アーレイ・バーク」手摺り&張り線など

残す作業もあとわずかということで、今回は小物類の取り付けと手摺、空中線などを処理します。これは搭載艇用のデリックで、ビッグブルーボーイのエッチングを組みました。

1/700駆逐艦「DDG-51 アーレイ・バーク」手摺り&張り線など

続いては手摺の取り付けです。アーレイ・バーク級の手すりは場所によっては5本のワイヤーが張れていることもあり、エッチングの一部が埋まってしまっていたので、軽くアートナイフの刃をいれて分割しておきました。

1/700駆逐艦「DDG-51 アーレイ・バーク」手摺り&張り線など

手すりはエッチング板から切り離す前に塗装しました。ファランクス周りの手すりは通路が一体となっているため、先に水平&垂直面の塗り分けも先に済ませてから折り曲げています。

1/700駆逐艦「DDG-51 アーレイ・バーク」手摺り&張り線など

まずは上部構造物の手すりを取り付けました。ビッグブルーボーイのエッチング説明書は別のフライト企画の指示が混在しているうえ、パーツ番号も間違いだらけで全くアテにならなかったので、最終的にはほぼ現物合わせで処理することになりました。

1/700駆逐艦「DDG-51 アーレイ・バーク」手摺り&張り線など

また、手すりパーツの取り付けは(本来左右非対称であるべきところが、左右対称の長さに設定されていたりと)設計上のミスが非常に多く、各部に切り詰めや補填が欠かせず、かなりの難事業となりました。(足りない箇所は余ったパーツを組み合わせてなんとか隙間なく処理できました)

1/700駆逐艦「DDG-51 アーレイ・バーク」手摺り&張り線など

舷梯やライフラクトのブラケットもこの段階で取り付け、反対側の舷には(最初にご紹介した)デリックを設置しました。

1/700駆逐艦「DDG-51 アーレイ・バーク」手摺り&張り線など

ヘリ甲板の救助ネットは、ビッグブルーボーイのエッチングは網目がほとんど埋まっていて使用できなかったので、キット付属の純正パーツに変更しました。後部の手すりも全くと言って良いほど合わず、最後の最後に酷い地雷原が仕込まれていた印象です。

1/700駆逐艦「DDG-51 アーレイ・バーク」手摺り&張り線など

工程最終盤でずいぶんと神経をすり減らしましたが、まずまず自然に仕上がってくれたと思います。信号ヤードの張り線にはメタルリギングを使用し、キットで省略されているガフは真鍮線自作。最後に星条旗を掲げて艶消しクリアーを処理すれば、1/700アメリカ海軍駆逐艦「DDG-56 アーレイ・バーク」は完成です。

1/700駆逐艦「DDG-51 アーレイ・バーク」手摺り&張り線など

今回は主要構造物の塗り分けを船体とは別におこなった関係で、最後に舷側から構造物側面にかけての垂直面に、軽く再塗装を施しました。こうすることで塗色にも統一感が生まれ、清潔感のある仕上がりとなりました。次回は完成写真をご紹介します。

代表 渡辺真郎
代表 渡辺真郎

前作の1/700強襲揚陸艦「LHD-1 ワスプ」と比較して、割とスムーズに進んでいた「DDG-51 アーレイ・バーク」ですが、最後の最後に予想外の問題が控えていました。いっぽうで、キット側には目立った問題もなく、表面のディテール&パーツ同士のフィッティングもまずまずで、1/700現用艦キットとしては高水準の仕上がりを実現できたと思います。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回、タップしていただけましたら幸いです。
いつもご投票いただき、ありがとうございます。

メディア掲載情報

  • 「渡辺真郎の艦船モデル・マスターDVD&MAGAZINE」モデルアート社より発売中
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo92」に、1/350駆逐艦「巻雲」作例掲載中
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo93」に、1/750作例記事掲載予定 8月発売
  • オリコンニュースに渡辺真郎のインタビュー記事掲載中 「 プラモデル神作まとめ
  • 過去作品 約400点と製作記満載の旧ブログ「 HIGH-GEARedの模型と趣味の日常 」もぜひご覧ください


CHERRY&ANCHOR おすすめ情報

モデルファクトリーハイギヤード公式webショップ「CHERRY&ANCHOR https://www.cherry-anchor.com/ 」にて、1/700洋上艦船模型用 アクリル作業台&展示台【戦艦、航空母艦用】発売中です!

1/700洋上艦船模型用 アクリル作業台&展示台【戦艦、航空母艦用】

洋上艦船模型の底板に200mm間隔の穴を開けて当商品にビス固定することで、作業時の持ち手とすることができ、完成後は展示台としても使用可能。

また、スモーク色の半透明アクリル板で製作していることから裏側からの視認性も確保しており、塗料の汚れなどもシンナー拭きでかんたんに落とせます。

当台座の使用方法は、モデルアート社から発売の「渡辺真郎の艦船モデル・マスターDVD&MAGAZINE」でも紹介しております。


展示会出展情報

「奈良模型愛好会 展示会(秋展)」

  • 日時:未定
  • 開催場所:サンタウンプラザ すずらん館(予定)
  • 備考:詳細が決まりしだい、告知します

常設展示情報

  • 自衛隊奈良地方協力本部(奈良第2地方合同庁舎)玄関ロビーに1/35「陸上自衛隊 74式戦車」展示中
  • ミリタリースケール専門店「ホビーランド」に、1/700戦艦「霧島」展示中
  • 「ジョーシン和歌山店 キッズランド」に、1/700航空戦艦「伊勢」、航空母艦「ワスプ」展示中

累計取引数800作以上、書籍掲載100作以上、受賞歴多数。圧倒的な実績と信頼性。

お問い合わせはこちら

「プラモデルを代わりに作ってほしい」という方はモデルファクトリーハイギヤードにぜひご相談ください。
1000作以上の模型を作ってきた、プラモデル製作・考証のプロが丁寧に対応いたします。

渡辺 真郎まさお

艦船模型製作代行 モデルファクトリーハイギヤード 代表

2001年3月から艦船模型の製作販売をおこなう。模型製作会社への就職を経て独立。2010年にモデルファクトリーハイギヤードを開業。
模型製作代行のほか、模型誌の作例記事・連載企画、考証記事を執筆。
モデルアート社出版『月刊MODEL Art』『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』など。

-1/700艦船, 1/700駆逐艦「DDG-51 アーレイ・バーク」, 製作記事