広告 1/700航空母艦『CVN-71 セオドア・ルーズベルト』 1/700艦船 製作記事

1/700航空母艦「CVN-71 セオドア・ルーズベルト」23 甲板 その1

2023年11月21日

  1. HOME >
  2. 製作記事 >
  3. 1/700艦船 >
  4. 1/700航空母艦『CVN-71 セオドア・ルーズベルト』 >

1/700航空母艦「CVN-71 セオドア・ルーズベルト」23 甲板 その1

2023年11月21日

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、ピットロードの1/700アメリカ海軍航空母艦「CVN-71 セオドア・ルーズベルト」を製作中です。

1/700航空母艦「CVN-71 セオドア・ルーズベルト」甲板加工

今回からは飛行甲板のディテールアップを開始します。エッチングは例によって、ファイブスターモデルのパーツをメインに使用しますが、その前にまずはモールドの除去を行いました。

1/700航空母艦「CVN-71 セオドア・ルーズベルト」甲板加工

従来の、ゴールドメダルのエッチングを使った従来のディテールアップでは、緑で囲ったセーフティネットの部分のみをカットしていましたが、今回のファイブスターモデル版では赤で囲ったキャットウォークも除去します。

1/700航空母艦「CVN-71 セオドア・ルーズベルト」甲板加工

艦尾は、ネットおよびキャットウォークの形状も複雑ですので、モールド除去のさいには甲板本体を傷つけないように注意します。

1/700航空母艦「CVN-71 セオドア・ルーズベルト」甲板加工

飛行甲板両側面も同様です。ここはキャットウォークの高さが不ぞろいなため、モールドを綺麗に除去するのが特に難しい箇所です。

1/700航空母艦「CVN-71 セオドア・ルーズベルト」甲板加工

モールドは非常に分厚いため、要領よくカットするには超音波カッターが便利でした。とはいえ、超音波カッターの特性もあって、ギリギリを狙うには難しいので、まずは少し余裕を残した状態で雑に取り除きます。

1/700航空母艦「CVN-71 セオドア・ルーズベルト」甲板加工

キャットウォークは側面を取り除いても、下側に補強リブのモールドが残るので、これらもひとつひとつニッパーでカットしつつ、ヤスリで整えます。

1/700航空母艦「CVN-71 セオドア・ルーズベルト」甲板加工

超音波カッターで大まかに取り除いたモールドは、アートナイフでギリギリまで削り込みました。アートナイフは(私は指が長いもので)太めのグリップを愛用しています。

1/700航空母艦「CVN-71 セオドア・ルーズベルト」甲板加工

最後にウェーブの「ヤスリスティック」の400番で表面を整え、モールド除去が完了しました。

1/700航空母艦「CVN-71 セオドア・ルーズベルト」甲板加工

エレベーター側面のネットの処理がまだですが、これでひとまずは飛行甲板のディテールアップ準備が整いました。

空母製作の大きなヤマを6項目に分けるとすれば「1:艦載機&車両」「2:船体」「3:甲板」「4:格納庫」「5:艦橋」「6:塗装、デカールetc」という具合になりますが、今回の項でようやく3項目に入ることができました。

代表 渡辺真郎


ファイブスターモデルのエッチングを継続使用していくにあたっては、説明書の不備が最大の障害となっていますが、なるべく使える範囲で使いつつ、どうしても使用困難と判断した箇所については他社のエッチングで補填していく予定です。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回、タップしていただけましたら幸いです。
いつもご投票いただき、ありがとうございます。

メディア掲載情報

  • 「渡辺真郎の艦船モデル・マスターDVD&MAGAZINE」モデルアート社より発売中
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo91」に、1/700航空巡洋艦「最上」作例掲載中
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo92」に、1/350作例記事掲載予定 24年5月発売
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo93」に、1/700作例記事掲載予定 24年8月発売
  • オリコンニュースに渡辺真郎のインタビュー記事掲載中 「 プラモデル神作まとめ
  • 過去作品 約400点と製作記満載の旧ブログ「 HIGH-GEARedの模型と趣味の日常 」もぜひご覧ください


CHERRY&ANCHOR おすすめ情報

モデルファクトリーハイギヤード公式webショップ「CHERRY&ANCHOR https://www.cherry-anchor.com/ 」にて、1/700洋上艦船模型用 アクリル作業台&展示台【戦艦、航空母艦用】発売中です!

1/700洋上艦船模型用 アクリル作業台&展示台【戦艦、航空母艦用】

洋上艦船模型の底板に200mm間隔の穴を開けて当商品にビス固定することで、作業時の持ち手とすることができ、完成後は展示台としても使用可能。

また、スモーク色の半透明アクリル板で製作していることから裏側からの視認性も確保しており、塗料の汚れなどもシンナー拭きでかんたんに落とせます。

当台座の使用方法は、モデルアート社から発売の「渡辺真郎の艦船モデル・マスターDVD&MAGAZINE」でも紹介しております。


展示会出展情報

「静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同展示会」

  • 日時:5月11日、12日
  • 開催場所:ツインメッセ静岡
  • 参加ブース:「奈良模型愛好会」「鳶色の会」

常設展示情報

  • 自衛隊奈良地方協力本部(奈良第2地方合同庁舎)玄関ロビーに1/35「陸上自衛隊 74式戦車」展示中
  • ミリタリースケール専門店「ホビーランド」に、1/700戦艦「霧島」展示中
  • 「ジョーシン和歌山店 キッズランド」に、1/700航空戦艦「伊勢」、航空母艦「ワスプ」展示中

累計取引数800作以上、書籍掲載100作以上、受賞歴多数。圧倒的な実績と信頼性。

お問い合わせはこちら

「プラモデルを代わりに作ってほしい」という方はモデルファクトリーハイギヤードにぜひご相談ください。
1000作以上の模型を作ってきた、プラモデル製作・考証のプロが丁寧に対応いたします。

渡辺 真郎まさお

艦船模型製作代行 モデルファクトリーハイギヤード 代表

2001年3月から艦船模型の製作販売をおこなう。模型製作会社への就職を経て独立。2010年にモデルファクトリーハイギヤードを開業。
模型製作代行のほか、模型誌の作例記事・連載企画、考証記事を執筆。
モデルアート社出版『月刊MODEL Art』『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』など。

-1/700航空母艦『CVN-71 セオドア・ルーズベルト』, 1/700艦船, 製作記事