広告 1/24「ポルシェ911 GT1」 カーモデル 製作記事

1/24「ポルシェ911 GT1」その1 キット&デカール紹介

2024年6月10日

  1. HOME >
  2. 製作記事 >
  3. カーモデル >
  4. 1/24「ポルシェ911 GT1」 >

1/24「ポルシェ911 GT1」その1 キット&デカール紹介

2024年6月10日

2024年6月現在、業務の方は「艦船模型スペシャルNo93」の作例製作に集中しているため、ストック記事として、プライベートのカーモデル製作記をご紹介します。

1/24「ポルシェ911 GT1」キット&デカール紹介

今回ご紹介するのは、タミヤの1/24「ポルシェ911GT1」。1996年と翌1997年のル・マン24時間レースにエントリーし、1996年にはワークスポルシェ(ポルシェAG)から総合2位、3位に入賞したマシンです。

1/24「ポルシェ911 GT1」キット&デカール紹介

キットは1996年のワークス仕様ですが、今回は翌1997年にプライベートチームにデリバリーされた仕様として製作しました。デカールは、ルネッサンスから発売された社外品を使用し、1997年ル・マンにて8位の「BMS スクーデリア・イタリア」の27号車としました。

1/24「ポルシェ911 GT1」キット&デカール紹介

「BMS スクーデリア・イタリア」のポルシェ911GT1は(イタリア車を思わせる)真っ赤なカラーリングが特徴です。この画像は、ほぼ全てのパーツを塗装して並べた状態ですが、ここからは時間を遡って、ボディや内部パーツなどの下処理や塗装の様子などをご紹介します。

1/24「ポルシェ911 GT1」キット&デカール紹介

まずはボディの製作からです。タミヤの1/24「ポルシェ911GT1」はリアカウルが脱着可能で、車体前部は(バンパーなども)一体成型ですが、フロントフェンダー後方の(アウトレットが設けられた)パネルやボンネットダクトのフィン、ドアミラーなどは別パーツとして構成されています。

1/24「ポルシェ911 GT1」キット&デカール紹介

いっぽう、リアカウルは大きく分けて上下に分割されており、合わせ目の処理が完成度を大きく左右します。

1/24「ポルシェ911 GT1」キット&デカール紹介

リアカウルの上下パーツを接着した様子。リアフェンダー左右には少々、段付きができてしまいますが、全体的なフィッティングは概ね良好です。

1/24「ポルシェ911 GT1」キット&デカール紹介

これは、分割されたフロントフェンダーを取り付けている様子。ここは接着面積が極端に小さいので、見えない部分に軽く液状瞬間接着剤を流して補強しておきました。

1/24「ポルシェ911 GT1」キット&デカール紹介

フロントフェンダー取り付け後の様子。鋭く成形された後端部が、アウトレットの造形美を引き立たせます。993型ポルシェ911のキャビンセクションから流用されたルーフとフェンダーの幅の違いが際立つカットです。

代表 渡辺真郎
代表 渡辺真郎

「BMS スクーデリア・イタリア」は、1988年から1993年にかけてF-1世界選手権に参戦していたことから、古くからのモータースポーツファンには良く知られた存在です。ドライバーも(F-1時代のよしみか?)ファーストドライバーにピエルルイジ・マルティニ選手が起用されました。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回、タップしていただけましたら幸いです。
いつもご投票いただき、ありがとうございます。

メディア掲載情報

  • 「渡辺真郎の艦船モデル・マスターDVD&MAGAZINE」モデルアート社より発売中
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo92」に、1/350駆逐艦「巻雲」作例掲載中
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo93」に、1/700作例記事掲載予定 8月発売
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo94」に、1/700作例記事掲載予定 11月発売
  • オリコンニュースに渡辺真郎のインタビュー記事掲載中 「 プラモデル神作まとめ
  • 過去作品 約400点と製作記満載の旧ブログ「 HIGH-GEARedの模型と趣味の日常 」もぜひご覧ください


CHERRY&ANCHOR おすすめ情報

モデルファクトリーハイギヤード公式webショップ「CHERRY&ANCHOR https://www.cherry-anchor.com/ 」にて、1/700洋上艦船模型用 アクリル作業台&展示台【戦艦、航空母艦用】発売中です!

1/700洋上艦船模型用 アクリル作業台&展示台【戦艦、航空母艦用】

洋上艦船模型の底板に200mm間隔の穴を開けて当商品にビス固定することで、作業時の持ち手とすることができ、完成後は展示台としても使用可能。

また、スモーク色の半透明アクリル板で製作していることから裏側からの視認性も確保しており、塗料の汚れなどもシンナー拭きでかんたんに落とせます。

当台座の使用方法は、モデルアート社から発売の「渡辺真郎の艦船モデル・マスターDVD&MAGAZINE」でも紹介しております。


展示会出展情報

「奈良模型愛好会 秋展2024」

  • 日時:9月21日(11:00~21:00)、22日(9:00~16:00)
  • 開催場所:サンタウンプラザ すずらん館 イベントスペース
  • 所在地:奈良県奈良市右京1丁目3−4

常設展示情報

  • 自衛隊奈良地方協力本部(奈良第2地方合同庁舎)玄関ロビーに1/35「陸上自衛隊 74式戦車」展示中
  • ミリタリースケール専門店「ホビーランド」に、1/700戦艦「霧島」展示中
  • 「ジョーシン和歌山店 キッズランド」に、1/700航空戦艦「伊勢」、航空母艦「ワスプ」展示中

累計取引数800作以上、書籍掲載100作以上、受賞歴多数。圧倒的な実績と信頼性。

お問い合わせはこちら

「プラモデルを代わりに作ってほしい」という方はモデルファクトリーハイギヤードにぜひご相談ください。
1000作以上の模型を作ってきた、プラモデル製作・考証のプロが丁寧に対応いたします。

渡辺 真郎まさお

艦船模型製作代行 モデルファクトリーハイギヤード 代表

2001年3月から艦船模型の製作販売をおこなう。模型製作会社への就職を経て独立。2010年にモデルファクトリーハイギヤードを開業。
模型製作代行のほか、模型誌の作例記事・連載企画、考証記事を執筆。
モデルアート社出版『月刊MODEL Art』『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』など。

-1/24「ポルシェ911 GT1」, カーモデル, 製作記事