広告 1/24「ポルシェ911 GT1」 カーモデル 製作記事

1/24「ポルシェ911 GT1」その2 ボディ塗装

  1. HOME >
  2. 製作記事 >
  3. カーモデル >
  4. 1/24「ポルシェ911 GT1」 >

1/24「ポルシェ911 GT1」その2 ボディ塗装

2024年6月現在、業務の方は「艦船模型スペシャルNo93」の作例製作に集中しているため、ストック記事として、プライベート製作のタミヤ1/24「ポルシェ911 GT1」製作記をご紹介します。

1/24「ポルシェ911 GT1」ボディ塗装

タミヤ1/24「ポルシェ911 GT1」、塗装前のボディ全景。リアカウルのフィッティングの良さには「さすがタミヤ!」と感心させられます

1/24「ポルシェ911 GT1」ボディ塗装

ボディ塗装は、まずは黒下地から開始しました。使用したのはガイアノーツの「サーフェイサーエヴォ ブラック」で、これはフェンダー上部のパーティングラインを落としている様子です。

1/24「ポルシェ911 GT1」ボディ塗装

パーティングラインはヘッドライト上部からリアバンパーにかけて、少々目立つ位置にありましたので、黒サフが完全に落ちるまで入念に磨き込みました。ペーパーは最初400番で仕上げ、仕上げに800番を使用しました。

1/24「ポルシェ911 GT1」ボディ塗装

リアフェンダーとウイングの下面には目立つ合わせ目が生じるので、ここもサフを完全に落とし切るまでサンディングしました。少々、磨きにくい箇所が多いですが、ここをきっちり仕上げておくと、完成後のリアビューの美しさが段違いに高まります。(このあと、再び黒サフを処理しました)

1/24「ポルシェ911 GT1」ボディ塗装

黒サフはカウリングの内側の塗色も兼ねているので、このタイミングでカウル内側をマスキングし、ボディの上塗りに備えました。マスキングは大雑把にテープで覆ったのち、端々や吹込みの生じそうな箇所にマスクゾル(グッドスマイル)を差しています。

1/24「ポルシェ911 GT1」ボディ塗装

これは黒サフの上に軽くグレーサフを吹き、発色を上げている様子。パーティングラインや合わせ目も、この段階で完全に消えていることがわかります。

1/24「ポルシェ911 GT1」ボディ塗装

続いて、赤塗装の下地として、ガイアノーツの「サーフェイサーエヴォ ピンク」を吹きました。このサフは薄塗りでも充分綺麗に発色してくれるので、非常に便利です。なお、筋彫りは、塗り重ねの都度、BMCタガネで彫り直しをおこないました。

1/24「ポルシェ911 GT1」ボディ塗装

上塗りには、フィニッシャーズの「リッチレッド」を使用しました。まず入り組んだ部分やパネルラインに細吹きで色を回し、最後にエア圧強めの太拭きで全体を処理します。今回はこの工程を2回繰り返し、好みの発色が得ることができました。

代表 渡辺真郎
代表 渡辺真郎

1997年のル・マン24時間は、ポルシェ911GT1×8台の大量エントリーとなりました。ワークスが新規に投入した「911 GT1 Evo」は前年型より信頼性を向上させたマシンでしたが、残念ながら2台ともマシントラブルによりリタイヤ。結果、プライベーター勢のシューベルエンジニアリング(33号車)の5位が最上位となり、スクーデリアイタリアの27号車は8位でフィニッシュしています。(97年型のワークス仕様「911 GT1 Evo」は、1/24スケールでUTモデルからキット化されています)

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回、タップしていただけましたら幸いです。
いつもご投票いただき、ありがとうございます。

メディア掲載情報

  • 「渡辺真郎の艦船モデル・マスターDVD&MAGAZINE」モデルアート社より発売中
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo92」に、1/350駆逐艦「巻雲」作例掲載中
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo93」に、1/700作例記事掲載予定 8月発売
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo94」に、1/700作例記事掲載予定 11月発売
  • オリコンニュースに渡辺真郎のインタビュー記事掲載中 「 プラモデル神作まとめ
  • 過去作品 約400点と製作記満載の旧ブログ「 HIGH-GEARedの模型と趣味の日常 」もぜひご覧ください


CHERRY&ANCHOR おすすめ情報

モデルファクトリーハイギヤード公式webショップ「CHERRY&ANCHOR https://www.cherry-anchor.com/ 」にて、1/700洋上艦船模型用 アクリル作業台&展示台【戦艦、航空母艦用】発売中です!

1/700洋上艦船模型用 アクリル作業台&展示台【戦艦、航空母艦用】

洋上艦船模型の底板に200mm間隔の穴を開けて当商品にビス固定することで、作業時の持ち手とすることができ、完成後は展示台としても使用可能。

また、スモーク色の半透明アクリル板で製作していることから裏側からの視認性も確保しており、塗料の汚れなどもシンナー拭きでかんたんに落とせます。

当台座の使用方法は、モデルアート社から発売の「渡辺真郎の艦船モデル・マスターDVD&MAGAZINE」でも紹介しております。


展示会出展情報

「奈良模型愛好会 秋展2024」

  • 日時:9月21日(11:00~21:00)、22日(9:00~16:00)
  • 開催場所:サンタウンプラザ すずらん館 イベントスペース
  • 所在地:奈良県奈良市右京1丁目3−4

常設展示情報

  • 自衛隊奈良地方協力本部(奈良第2地方合同庁舎)玄関ロビーに1/35「陸上自衛隊 74式戦車」展示中
  • ミリタリースケール専門店「ホビーランド」に、1/700戦艦「霧島」展示中
  • 「ジョーシン和歌山店 キッズランド」に、1/700航空戦艦「伊勢」、航空母艦「ワスプ」展示中

累計取引数800作以上、書籍掲載100作以上、受賞歴多数。圧倒的な実績と信頼性。

お問い合わせはこちら

「プラモデルを代わりに作ってほしい」という方はモデルファクトリーハイギヤードにぜひご相談ください。
1000作以上の模型を作ってきた、プラモデル製作・考証のプロが丁寧に対応いたします。

渡辺 真郎まさお

艦船模型製作代行 モデルファクトリーハイギヤード 代表

2001年3月から艦船模型の製作販売をおこなう。模型製作会社への就職を経て独立。2010年にモデルファクトリーハイギヤードを開業。
模型製作代行のほか、模型誌の作例記事・連載企画、考証記事を執筆。
モデルアート社出版『月刊MODEL Art』『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』など。

-1/24「ポルシェ911 GT1」, カーモデル, 製作記事