広告 1/24「ポルシェ911 GT1」 カーモデル 製作記事

1/24「ポルシェ911 GT1」その3 デカールとモール塗装

  1. HOME >
  2. 製作記事 >
  3. カーモデル >
  4. 1/24「ポルシェ911 GT1」 >

1/24「ポルシェ911 GT1」その3 デカールとモール塗装

2024年6月現在、業務の方は「艦船模型スペシャルNo93」の作例製作に集中しているため、ストック記事として、プライベート製作のタミヤ1/24「ポルシェ911 GT1」製作記をご紹介します。

1/24「ポルシェ911 GT1」デカールとモール塗装

基本的なボディ塗装を終えたので、デカール貼り付けに進みます。今回使用した、ルネッサンスのデカールは年代モノとあって、水に浸けた時のヒビ割れが心配でしたので、マイクロスケールの「リキッドデカールフィルム」を塗布しました。このリキッドは、デカール表面に薄い膜を形成することで、割れを防止してくれる便利グッズです。

1/24「ポルシェ911 GT1」デカールとモール塗装

リキッドデカールフィルムを施工しているとはいえ、デカールの割れを完全に防げないケースもありますので、まずはボディ側面の小さいデカールから処理しました。サイドスカート程度のサイズだと、それほどデカール劣化の影響もなさそうでしたので、続いてフロントの白帯デカールに進もうとした、その時――、

1/24「ポルシェ911 GT1」デカールとモール塗装

このように「見事に粉砕」してしまいました。リキッドデカールフィルムは重ね塗りをすることで強度は上がるのですが、反り返って貼りにくくなる欠点もあるので、1重塗りとしていたところ、まさかの大惨事に直面です。

1/24「ポルシェ911 GT1」デカールとモール塗装

悔やんでいても仕方がないので、バラけたデカールを組み立てつつ、所定の位置に貼りました。デカール糊をたっぷり乗せた状態で一晩乾かし、翌日、マークソフターを沁み込ませた綿棒を”半田ごて”で加熱――、簡易スチームアイロンで抑える要領で馴染ませました。

1/24「ポルシェ911 GT1」デカールとモール塗装

それでもわずかな隙間が残りますので、最後に(スミ入れのような感覚で)白塗料を差し、リカバリー完了となりました。一見、粉砕したデカールを使用しているようには見えない仕上がりです。

1/24「ポルシェ911 GT1」デカールとモール塗装

その他のデカールにはリキッドデカールフィルムを2重に処理し、無事に貼り終えました。ゼッケンの貼り付け位置はワークスマシンとは異なるので、ゼッケン灯のモールドはこの段階で削り落としています。

1/24「ポルシェ911 GT1」デカールとモール塗装

クリアーコーティングは、ガイアノーツの「EXクリア」にておこないました。デカールを傷めないために最初は砂吹きして1日置き、翌日から一日一回の薄塗りを3日間繰り返し、1週間経過後にバフレックス(グリーン)にて中研ぎ。再度クリアーを処理して1週間後に研ぎ出しました。

1/24「ポルシェ911 GT1」デカールとモール塗装

モールやウイングステー、ファスナーや給油口などは、クリアーが完全に乾燥してから塗り分けます。マスキング面積が大きいので根気のいる作業ですが、この工程をおろそかにすると、吹込みが生じて更に面倒なことになるので、作業は慎重に進めました。

1/24「ポルシェ911 GT1」デカールとモール塗装

塗り分け完了後の様子。丹念にマスキングした成果があって、ボディ塗装は修正なしで完了しました。

代表 渡辺真郎
代表 渡辺真郎

スクーデリア・イタリアといえば、F-1時代からフェラーリをイメージしたカラー&マーキングがお馴染みのチームでしたが、ル・マンではカーナンバーまでオマージュされているところに芸の細かさを感じます。
ちなみにこのチーム、2004年にはプロドライブ製作の「フェラーリ550マラネロ」にてFIA-GT選手権のシリーズチャンピオンを獲得し、名実ともに「世界一のフェラーリ使い」となりました。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回、タップしていただけましたら幸いです。
いつもご投票いただき、ありがとうございます。

メディア掲載情報

  • 「渡辺真郎の艦船モデル・マスターDVD&MAGAZINE」モデルアート社より発売中
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo92」に、1/350駆逐艦「巻雲」作例掲載中
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo93」に、1/700作例記事掲載予定 8月発売
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo94」に、1/700作例記事掲載予定 11月発売
  • オリコンニュースに渡辺真郎のインタビュー記事掲載中 「 プラモデル神作まとめ
  • 過去作品 約400点と製作記満載の旧ブログ「 HIGH-GEARedの模型と趣味の日常 」もぜひご覧ください


CHERRY&ANCHOR おすすめ情報

モデルファクトリーハイギヤード公式webショップ「CHERRY&ANCHOR https://www.cherry-anchor.com/ 」にて、1/700洋上艦船模型用 アクリル作業台&展示台【戦艦、航空母艦用】発売中です!

1/700洋上艦船模型用 アクリル作業台&展示台【戦艦、航空母艦用】

洋上艦船模型の底板に200mm間隔の穴を開けて当商品にビス固定することで、作業時の持ち手とすることができ、完成後は展示台としても使用可能。

また、スモーク色の半透明アクリル板で製作していることから裏側からの視認性も確保しており、塗料の汚れなどもシンナー拭きでかんたんに落とせます。

当台座の使用方法は、モデルアート社から発売の「渡辺真郎の艦船モデル・マスターDVD&MAGAZINE」でも紹介しております。


展示会出展情報

「奈良模型愛好会 秋展2024」

  • 日時:9月21日(11:00~21:00)、22日(9:00~16:00)
  • 開催場所:サンタウンプラザ すずらん館 イベントスペース
  • 所在地:奈良県奈良市右京1丁目3−4

常設展示情報

  • 自衛隊奈良地方協力本部(奈良第2地方合同庁舎)玄関ロビーに1/35「陸上自衛隊 74式戦車」展示中
  • ミリタリースケール専門店「ホビーランド」に、1/700戦艦「霧島」展示中
  • 「ジョーシン和歌山店 キッズランド」に、1/700航空戦艦「伊勢」、航空母艦「ワスプ」展示中

累計取引数800作以上、書籍掲載100作以上、受賞歴多数。圧倒的な実績と信頼性。

お問い合わせはこちら

「プラモデルを代わりに作ってほしい」という方はモデルファクトリーハイギヤードにぜひご相談ください。
1000作以上の模型を作ってきた、プラモデル製作・考証のプロが丁寧に対応いたします。

渡辺 真郎まさお

艦船模型製作代行 モデルファクトリーハイギヤード 代表

2001年3月から艦船模型の製作販売をおこなう。模型製作会社への就職を経て独立。2010年にモデルファクトリーハイギヤードを開業。
模型製作代行のほか、模型誌の作例記事・連載企画、考証記事を執筆。
モデルアート社出版『月刊MODEL Art』『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』など。

-1/24「ポルシェ911 GT1」, カーモデル, 製作記事