広告 1/700強襲揚陸艦「LHD-1 ワスプ」 1/700艦船 製作記事

1/700強襲揚陸艦「LHD-1 ワスプ」その10 右舷キャットウォーク

2024年4月11日

  1. HOME >
  2. 製作記事 >
  3. 1/700艦船 >
  4. 1/700強襲揚陸艦「LHD-1 ワスプ」 >

1/700強襲揚陸艦「LHD-1 ワスプ」その10 右舷キャットウォーク

2024年4月11日

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、ホビーボスの1/700強襲揚陸艦「LHD-1 ワスプ(WASP)」を製作中です。

1/700強襲揚陸艦「LHD-1 ワスプ」右舷キャットウォーク

今回からは、船体舷側のキャットウォークの取り付けを進めます。キャットウォークはキットでもエッチングで再現するようになっているのですが、手すりや支柱などが省略されているため、エデュアルドのパーツに置き換えました。

1/700強襲揚陸艦「LHD-1 ワスプ」右舷キャットウォーク

エデュアルドのキャットウォークは、船体に取り付けてしまうと水平面の塗り分けが困難となるため、切り離し前に予めて塗り分けを済ませておく手順を採りました。まずはプライマー処理ののち、デッキ色のMr.カラー305番を全体に吹き付けてから水平部をマスキングしておき――、

1/700強襲揚陸艦「LHD-1 ワスプ」右舷キャットウォーク

垂直部の308番を重ねてマスキングを剥がすと、このような「塗装済みエッチングパーツ」の状態となります。

1/700強襲揚陸艦「LHD-1 ワスプ」右舷キャットウォーク

ワスプ級のキャットウォークはレイアウトが少々複雑で、艦首や中央付近は独特の二重構造となっているため、それらの組み立て手順をご紹介します。これはエッチングを切り出したばかりの状況で、左上が内側(一段目)右下が外側(二段目)となります。

1/700強襲揚陸艦「LHD-1 ワスプ」右舷キャットウォーク

各々のパーツを折り曲げた様子。内側は手摺とフレームが立ち上がっているのみですが、外側は支柱に二箇所の曲げが必要になるため、床下に回り込ませるようにして三角形状としました。

1/700強襲揚陸艦「LHD-1 ワスプ」右舷キャットウォーク

船体への取り付けは、まず一段目を船体舷側に接着。そしてその一段目の手すりに二段目の支柱(の垂直部)を接着する要領で仕上げます。この角度から見ると、まるで騙し絵の様で、もうひとつ立体感がつかめませんが……

1/700強襲揚陸艦「LHD-1 ワスプ」右舷キャットウォーク

見上げアングルだと二重構造が良くわかります。三角形状の支柱もこの角度から見るとなかなかに素晴らしい構造美を見せてくれます。

1/700強襲揚陸艦「LHD-1 ワスプ」右舷キャットウォーク

艦首両舷には小型のポケットや下部通路、ラッタルなどが備わっています。プラのモールドは予め切削しておいたので、あとはエッチングを順番に取り付けていくのみです。

1/700強襲揚陸艦「LHD-1 ワスプ」右舷キャットウォーク

艦中央部の様子。レドームのスポンソンや舷梯回り、艦載艇格納庫などの開口部にも手すりを配置しました。

1/700強襲揚陸艦「LHD-1 ワスプ」右舷キャットウォーク

右舷後部のエレベーター周りには、再び二重構造のキャットウォークを取り付けました。エレベーター下部のトラス構造も相まって、現用艦ならではのディテールが表現されています。

代表 渡辺真郎
代表 渡辺真郎

エデュアルドのエッチングは、組みやすさとディテールバランスに優れているので、個人的にもオススメです。今回は「切り出し前に塗り分ける」という珍しい工程で進めていますが、この手のキャットウォークを美しく仕上げるには、この手法が最も合理的かと思っております。

次回は、当工房公式ショップ「CHERRY&ANCHOR」の艦船模型完成品の入荷情報をご紹介します

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回、タップしていただけましたら幸いです。
いつもご投票いただき、ありがとうございます。

メディア掲載情報

  • 「渡辺真郎の艦船モデル・マスターDVD&MAGAZINE」モデルアート社より発売中
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo92」に、1/350駆逐艦「巻雲」作例掲載中
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo93」に、1/750作例記事掲載予定 8月発売
  • オリコンニュースに渡辺真郎のインタビュー記事掲載中 「 プラモデル神作まとめ
  • 過去作品 約400点と製作記満載の旧ブログ「 HIGH-GEARedの模型と趣味の日常 」もぜひご覧ください


CHERRY&ANCHOR おすすめ情報

モデルファクトリーハイギヤード公式webショップ「CHERRY&ANCHOR https://www.cherry-anchor.com/ 」にて、1/700洋上艦船模型用 アクリル作業台&展示台【戦艦、航空母艦用】発売中です!

1/700洋上艦船模型用 アクリル作業台&展示台【戦艦、航空母艦用】

洋上艦船模型の底板に200mm間隔の穴を開けて当商品にビス固定することで、作業時の持ち手とすることができ、完成後は展示台としても使用可能。

また、スモーク色の半透明アクリル板で製作していることから裏側からの視認性も確保しており、塗料の汚れなどもシンナー拭きでかんたんに落とせます。

当台座の使用方法は、モデルアート社から発売の「渡辺真郎の艦船モデル・マスターDVD&MAGAZINE」でも紹介しております。


展示会出展情報

「奈良模型愛好会 展示会(秋展)」

  • 日時:未定
  • 開催場所:サンタウンプラザ すずらん館(予定)
  • 備考:詳細が決まりしだい、告知します

常設展示情報

  • 自衛隊奈良地方協力本部(奈良第2地方合同庁舎)玄関ロビーに1/35「陸上自衛隊 74式戦車」展示中
  • ミリタリースケール専門店「ホビーランド」に、1/700戦艦「霧島」展示中
  • 「ジョーシン和歌山店 キッズランド」に、1/700航空戦艦「伊勢」、航空母艦「ワスプ」展示中

累計取引数800作以上、書籍掲載100作以上、受賞歴多数。圧倒的な実績と信頼性。

お問い合わせはこちら

「プラモデルを代わりに作ってほしい」という方はモデルファクトリーハイギヤードにぜひご相談ください。
1000作以上の模型を作ってきた、プラモデル製作・考証のプロが丁寧に対応いたします。

渡辺 真郎まさお

艦船模型製作代行 モデルファクトリーハイギヤード 代表

2001年3月から艦船模型の製作販売をおこなう。模型製作会社への就職を経て独立。2010年にモデルファクトリーハイギヤードを開業。
模型製作代行のほか、模型誌の作例記事・連載企画、考証記事を執筆。
モデルアート社出版『月刊MODEL Art』『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』など。

-1/700強襲揚陸艦「LHD-1 ワスプ」, 1/700艦船, 製作記事