広告 三菱パジェロ プロトタイプ見学 実車(歴代愛車、モータースポーツ観戦など)

三菱パジェロ プロトタイプ見学記 前編

2023年12月5日

  1. HOME >
  2. 実車(歴代愛車、モータースポーツ観戦など) >
  3. 三菱パジェロ プロトタイプ見学 >

三菱パジェロ プロトタイプ見学記 前編

2023年12月5日

前回に引き続いて車関連の趣味のお話ですが、今回は愛車の方ではなく、私がかねてから憧れていたラリーカー「三菱パジェロ プロトタイプ」を見学した時のレポートです。

三菱パジェロ プロトタイプ タミヤキット×3台

三菱パジェロ プロトタイプは、三菱が「パリ~ダカールラリー」などのラリーレイドを戦うために開発された車両で、市販車のパジェロとは、成り立ちも構造も全く違ったラリー専用マシンです。私は中学生の頃から、ずっとこの車に憧れ続けていたもので、タミヤのキットもマーキング違いで3台を揃えるほどに入れ込みました。

憧れの競技専用車「パジェロ プロトタイプ」が名張市に

篠塚建次郎さんのFacebookよりキャプチャ

実車が展示されると知ったのは、当時の三菱のワークスドライバーで(現在もラリーに参戦を続けている)篠塚建次郎さんのFacebookを見たことがきっかけです。開催3日前の告知ということで急なお話でもあり(しかも平日だったので)大いに悩んだのですが、私の居住する奈良市から片道1時間半ほどで行ける三重県名張市での開催ということで、なんとか半日時間を取って現地を訪れました。

三菱パジェロ プロトタイプ1992 見学

当日の道中。冷え込む中、朝早くからの出発となりましたが、日中は見事に晴れ渡りました。

プロトパジェロ、1992年当時と現在の違いを考察

三菱パジェロ プロトタイプ1992 見学

会場は、三重県名張市夏見の「マツヤマSSKアリーナ」横の駐車場です。平日開催ということで、どれだけの人が集まっているか? と思ったものですが、それなりの人出で賑わっていました。

三菱パジェロ プロトタイプ1992 見学

このイベントは、名張市八幡の自動車部品メーカー「ボルグワーナー・モールスシステムズ・ジャパン」が主催したもので、同社が製造するHY-VO(ハイボ)チェーンが、パジェロプロトのトランスファーに採用されていることから、展示が叶いました。

三菱パジェロ プロトタイプ1992 見学

そして、ようやくプロトタイプパジェロとご対面です。(撮影&公開許可済み)1992年型のプロトには、Nikon、Citizen、Rothmansのスポンサーロゴが貼られていましたが、この車両のマーキングは「パリ~ル・カップ(パリ~ケープタウンラリー)」で優勝した211番の「ユベール・オリオール/フィリップ・モネ」組となっています。

三菱パジェロ プロトタイプ1992 見学

プロトパジェロのリアビュー。リアカウルとリアフェンダーの間には大きな段付きがあり、1992年のパリ~ル・カップの時(タミヤキットのカウリング)と比較して、トレッドが大幅に拡幅されていました。

三菱パジェロ プロトタイプ1992 見学

フロントフェンダーもオーバーフェンダー化され、ライトカバーも横幅を増したものになっています。こうした特徴は「パリ~ル・カップ1992」の仕様よりも、むしろ「パリ~ダカール1993」の特徴に近いのですが――、

三菱パジェロ プロトタイプ1992 見学

タイヤ&ホイールは、1993年型の18インチよりかなり小さい印象で(恐らく)1992年型の16インチが装着されていました。ひょっとしたら、ホイールについては「余ったものを付けた」という感じで正式な仕様ではないのかもしれませんが、このマシンは92~93年の両仕様の特徴を併せ持った個体という印象です。

三菱パジェロ プロトタイプ1992 見学

こうした特徴をみるに、最初は「1993年型の車両を、ショー用に1992年優勝のマーキングに仕立て直した車両なのか?」と、考えてみたのですが、ナンバープレートが「666 AHB 95」で、オリオールの車両に間違いなかったので「パリ~ル・カップ後に改修された可能性が高い」という結論に至りました。(←三菱モータースのサイトにも「92年モデルをベースに、トレッド&ホイールベース延長版を試作」とありましたので)

このカウリングは、ル・カップ後の1992年9月に開催された「パリ-モスクワ-北京マラソンラリーレイド」の出場車にも近いので、それとの関連性も気になるところです。(←オリオール本人は既にシトロエンに移籍していたので、この仕様では出場していません)

代表 渡辺真郎

私はさほど競技車両の歴史やラリーに詳しく方ではなく、当時の内情も全く知らないのですが、マシンの形状や当時の記録から、色々とストーリーを考えるのはなかなか楽しいひとときです。
後編も引き続き、プロトパジェロのディテールをご紹介します。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回、タップしていただけましたら幸いです。
いつもご投票いただき、ありがとうございます。

メディア掲載情報

  • 「渡辺真郎の艦船モデル・マスターDVD&MAGAZINE」モデルアート社より発売中
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo91」に、1/700航空巡洋艦「最上」作例掲載中
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo92」に、1/350作例記事掲載予定 24年5月発売
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo93」に、1/700作例記事掲載予定 24年8月発売
  • オリコンニュースに渡辺真郎のインタビュー記事掲載中 「 プラモデル神作まとめ
  • 過去作品 約400点と製作記満載の旧ブログ「 HIGH-GEARedの模型と趣味の日常 」もぜひご覧ください


CHERRY&ANCHOR おすすめ情報

モデルファクトリーハイギヤード公式webショップ「CHERRY&ANCHOR https://www.cherry-anchor.com/ 」にて、1/700洋上艦船模型用 アクリル作業台&展示台【戦艦、航空母艦用】発売中です!

1/700洋上艦船模型用 アクリル作業台&展示台【戦艦、航空母艦用】

洋上艦船模型の底板に200mm間隔の穴を開けて当商品にビス固定することで、作業時の持ち手とすることができ、完成後は展示台としても使用可能。

また、スモーク色の半透明アクリル板で製作していることから裏側からの視認性も確保しており、塗料の汚れなどもシンナー拭きでかんたんに落とせます。

当台座の使用方法は、モデルアート社から発売の「渡辺真郎の艦船モデル・マスターDVD&MAGAZINE」でも紹介しております。


展示会出展情報

「静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同展示会」

  • 日時:5月11日、12日
  • 開催場所:ツインメッセ静岡
  • 参加ブース:「奈良模型愛好会」「鳶色の会」

常設展示情報

  • 自衛隊奈良地方協力本部(奈良第2地方合同庁舎)玄関ロビーに1/35「陸上自衛隊 74式戦車」展示中
  • ミリタリースケール専門店「ホビーランド」に、1/700戦艦「霧島」展示中
  • 「ジョーシン和歌山店 キッズランド」に、1/700航空戦艦「伊勢」、航空母艦「ワスプ」展示中

累計取引数800作以上、書籍掲載100作以上、受賞歴多数。圧倒的な実績と信頼性。

お問い合わせはこちら

「プラモデルを代わりに作ってほしい」という方はモデルファクトリーハイギヤードにぜひご相談ください。
1000作以上の模型を作ってきた、プラモデル製作・考証のプロが丁寧に対応いたします。

渡辺 真郎まさお

艦船模型製作代行 モデルファクトリーハイギヤード 代表

2001年3月から艦船模型の製作販売をおこなう。模型製作会社への就職を経て独立。2010年にモデルファクトリーハイギヤードを開業。
模型製作代行のほか、模型誌の作例記事・連載企画、考証記事を執筆。
モデルアート社出版『月刊MODEL Art』『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』など。

-三菱パジェロ プロトタイプ見学, 実車(歴代愛車、モータースポーツ観戦など)