広告 三菱パジェロ プロトタイプ見学 実車(歴代愛車、モータースポーツ観戦など)

三菱パジェロ プロトタイプ見学記 後編

2023年12月6日

  1. HOME >
  2. 実車(歴代愛車、モータースポーツ観戦など) >
  3. 三菱パジェロ プロトタイプ見学 >

三菱パジェロ プロトタイプ見学記 後編

2023年12月6日

私がかねてから憧れていたラリーカー「三菱パジェロ プロトタイプ」を見学した時のレポート。今回は後編です。

(↓前編の記事はコチラ↓)

ボンネットや室内など、普段見られない箇所のディテール

三菱パジェロ プロトタイプ1992 見学

プロトパジェロを熱心に見学&撮影していたところ、展示スタッフの方から「中をご覧になりますか?」とお声がけをいただき、ボンネットを開けていただきました。内部には市販車の面影はなく、スチールパイプで組まれたスペースフレームに【4G6型エンジン】が縦置きミッドマウントされています。

三菱パジェロ プロトタイプ1992 見学

鋼管フレームにマウントされた(別タンク式)2基掛けショックと、ケブラー製インナーフェンダー。高剛性と軽量化を徹底したメカニズムは、どれだけ見ていても飽きることがありません。

三菱パジェロ プロトタイプ1992 見学

続いて、リアカウルも開けていただきました。1992年パリ~ル・カップでは、ここに16インチサイズのスペアタイヤを3本搭載し93年パリ~ダカールでは(インチアップ化により)2本に減少しました。ケブラーで造成された箇所は、割と「クラフト感」のあるつくりで、見た目よりは機能性重視で仕上げられていることがわかります。(ライバルのプジョー&シトロエンは、この辺りも美観重視の全塗装仕上げでした)

三菱パジェロ プロトタイプ1992 見学

リアカウル内側のテクスチャーも、実車取材をすればよくわかります。ここはカーボンとケブラーの平織材が使われており、補助テールランプの配線と2本のダンパーが備えられていました。

三菱パジェロ プロトタイプ1992 見学

ドアも開けていただき、室内もじっくりと見せていただきました。写真では少しわかりづらいですが、メーターパネルは黒カーボン、床はケブラー、そしてパネル上部のフラットな部分は(反射防止のためか?)毛足の長い絨毯状の布か敷かれていました。

三菱パジェロ プロトタイプ1992 見学

天井はケブラー製で、製造時に(開口部分などの)目印として引かれたと思われるマス目が残されています。ベンチレーターは、タミヤキットはかなり分厚いことが分かったので、0.5mm前後のプラ板で作り直した方が良いかもしれません。

三菱パジェロ プロトタイプ1992 見学

バケットシートはカーボン&ケブラーシェルのスパルコ製です。刺繍はドライバーシートが「アルハジリ」、ナビシートが「マーニュ」となっていました。(この2人が実際にコンビを組んだことがあるのかどうかは分からないのですが、これも「余り物を取り付けたのかな?」と推察します)

三菱パジェロ プロトタイプ1992 見学

ドアの内貼りは(ドアノブ破損に備えてか?)ワイヤーを一部、露出させた構造になっています。スライドウインドウは、フレーム部分も含めて全て透明樹脂(恐らくポリカ)製でした。カーボンケブラー板が貼られたところには「MEDICINE」「SURVIE」との表記があり、怪我をした時の薬品やサバイバルツールなどが固定されていたようです。

思いがけない方からのお声がけ

三菱パジェロ プロトタイプ1992 見学

「せっかく実車と対面したのだから、自分の作品とツーショット!」と思いつつ、プラモデル完成品を出して写真を撮影していたところ、主催者サイドの紳士から「パジェロお好きなんですね。 しかも同じカーナンバーじゃないですか!」と、笑顔で話しかけられたので「30年間、ずっと会いたいと思っていた車です!」とお答えしたところ――、

なんと、お声がけいただいた紳士は、今回のイベントを主催された自動車部品メーカー「ボルグワーナー・モールスシステムズ・ジャパン」の三島邦彦 代表取締役社長でした。

手にしているのは、篠塚建次郎さんのオフィシャルショップで購入したミニカーです

三島社長は入社直後から、パジェロのラリーカーのプロジェクトに関われていたそうで、ル・カップまでを無事に走破したと知ったときの安堵感や、入社前に篠塚建次郎さんの講演を聞いたお話などもお聞かせいただき、たいへん光栄な機会となりました。(厚かましくも、私も自分の仕事や活動内容などのご紹介をさせていただき、名刺交換までさせていただきました)

代表 渡辺真郎

しかも社長自ら、このような記念写真まで撮影いただき、恐縮の極みとしか言いようがありません。

三菱パジェロ プロトタイプ1992 見学

さいごに現愛車の「アルテッツァ RS200」と、フェンス越しに記念撮影。慌ただしい時間ではありますが、夢のようなツーショットが叶い、幸せいっぱいの時間でした。

のちほど気付いたことですが、オフィシャルショップで対応していただいたのは、国際ラリードライバーでミュージシャンのミッチー浅井さまだったようです。(分かっていれば、色々とお話を聞きたかった)篠塚建次郎氏は2024年3月に逝去されましたが、これからも同氏とパリダカの歴史を追い続けていければと思います。

代表 渡辺真郎

三島社長からは「次回はよりイベントの規模を拡大して行いたい」というお話や、具体的な提案内容も教えていただきました。パジェロにまつわる展示の内容もいっそうの充実を目指しておられるようですので、次の機会を楽しみに待ちたいと思います。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回、タップしていただけましたら幸いです。
いつもご投票いただき、ありがとうございます。

メディア掲載情報

  • 「渡辺真郎の艦船モデル・マスターDVD&MAGAZINE」モデルアート社より発売中
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo91」に、1/700航空巡洋艦「最上」作例掲載中
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo92」に、1/350作例記事掲載予定 24年5月発売
  • モデルアート社出版「艦船模型スペシャルNo93」に、1/700作例記事掲載予定 24年8月発売
  • オリコンニュースに渡辺真郎のインタビュー記事掲載中 「 プラモデル神作まとめ
  • 過去作品 約400点と製作記満載の旧ブログ「 HIGH-GEARedの模型と趣味の日常 」もぜひご覧ください


CHERRY&ANCHOR おすすめ情報

モデルファクトリーハイギヤード公式webショップ「CHERRY&ANCHOR https://www.cherry-anchor.com/ 」にて、1/700洋上艦船模型用 アクリル作業台&展示台【戦艦、航空母艦用】発売中です!

1/700洋上艦船模型用 アクリル作業台&展示台【戦艦、航空母艦用】

洋上艦船模型の底板に200mm間隔の穴を開けて当商品にビス固定することで、作業時の持ち手とすることができ、完成後は展示台としても使用可能。

また、スモーク色の半透明アクリル板で製作していることから裏側からの視認性も確保しており、塗料の汚れなどもシンナー拭きでかんたんに落とせます。

当台座の使用方法は、モデルアート社から発売の「渡辺真郎の艦船モデル・マスターDVD&MAGAZINE」でも紹介しております。


展示会出展情報

「静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同展示会」

  • 日時:5月11日、12日
  • 開催場所:ツインメッセ静岡
  • 参加ブース:「奈良模型愛好会」「鳶色の会」

常設展示情報

  • 自衛隊奈良地方協力本部(奈良第2地方合同庁舎)玄関ロビーに1/35「陸上自衛隊 74式戦車」展示中
  • ミリタリースケール専門店「ホビーランド」に、1/700戦艦「霧島」展示中
  • 「ジョーシン和歌山店 キッズランド」に、1/700航空戦艦「伊勢」、航空母艦「ワスプ」展示中

累計取引数800作以上、書籍掲載100作以上、受賞歴多数。圧倒的な実績と信頼性。

お問い合わせはこちら

「プラモデルを代わりに作ってほしい」という方はモデルファクトリーハイギヤードにぜひご相談ください。
1000作以上の模型を作ってきた、プラモデル製作・考証のプロが丁寧に対応いたします。

渡辺 真郎まさお

艦船模型製作代行 モデルファクトリーハイギヤード 代表

2001年3月から艦船模型の製作販売をおこなう。模型製作会社への就職を経て独立。2010年にモデルファクトリーハイギヤードを開業。
模型製作代行のほか、模型誌の作例記事・連載企画、考証記事を執筆。
モデルアート社出版『月刊MODEL Art』『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』など。

-三菱パジェロ プロトタイプ見学, 実車(歴代愛車、モータースポーツ観戦など)